引越し前に提出する転出届・転居届の違い

引越し前に提出する転出届・転居届の違い

現在住んでいる市区町村の区域外に引っ越す場合、現住所の市区町村役場に提出しなければならないのが転出届です。

もちろん、海外に移住する際にも提出する必要があります。

一方で、現在住んでいる市区町村内で引っ越す場合は、転出届ではなく転居届を提出します。

これらは、引越しする2週間前から当日までの間が手続き期間となっています。

提出期限は厳格に決められている訳ではないですが、引越し後14日以内に転入届を提出する必要があり、その際に転出証明書を一緒に提出しなくてはならないので、引越し前に手続きを終えておかなければなりません。

引越し前は沢山の手続きをしなければいけませんので、出来るだけ早い内に提出しておくことをおすすめします。

転出届・転居届の提出場所と必要な書類

転出届・転居届は、引越し前の住所地にある市区町村役所で提出します。

原則、引越しの14日前から受け付けていて、それ以前に手続きしに行っても受理してくれない場合があります。

これは各市区町村によって異なりますので、早めに提出したい場合は事前に問い合わせてみましょう。

転出届・転居届の提出時に必要な書類

転出届・転居届の手続きは、本人ではなくとも、代理人が手続きする事も可能です。

代理人が手続きする場合は、委任状が必要となりますので注意してください。

必要な書類は、

  • 運転免許証やパスポートなど、顔写真が付いている身分証明書
  • 印鑑
  • 国民健康保険証
  • 住民基本台帳カード(所持者のみ)
  • 転出・転居する方の通知カード(マイナンバー/所持者のみ)

以上となります。

役所に行く時間が取れない人は郵送で提出しよう

役所の開いている時間は、大体平日の17時までですので、日中仕事している人はなかなか時間を作るのが難しいと思います。

そういった人の場合、郵送で転出届を提出する事が可能です。

やり方は、現住所にある市区町村のホームページで、郵送用の転出届の用紙を印刷し、指定の宛先に提出するだけです。

そこから3日~5日程度で転出証明書が返送されてきますので、その後転入手続きを行ってください。

もし引越しがキャンセルになってしまったら

転出届・転居届は引越し14日前から提出する事が出来ますが、提出後に引越しがキャンセルになってしまったというケースもあるかもしれません。

その場合、転出届・転居届を提出した市区町村役所で、転出の取り消し手続きを行う必要があります。

この転出の取り消し手続きを行わない状態のまま過ごしていると、転出した状態のまま転入もされていないので、「住所不定」となってしまいます。

この取り消し手続きは郵送で行う事が出来ませんので、必ず本人または世帯主が市区町村役所で手続きを行ってください。

引越し料金が簡単に最大50%安くなる裏ワザを知っていますか??

引越し侍

「引越し料金って結構高い・・・」と思っているあなた!引越し料金は簡単に最大50%近く安くすることが可能なんです!方法は簡単で、200社以上の引越し業者にネットで一括見積もりが取れるサービスを使うんです!複数社の中から一番自分の条件に合った業者にお願いすれば良いだけ!もちろん無料です! 【今すぐネットで一括見積もりをしたい方はこちらへ】 引越し業者一覧